長原孝太郎《とばゑ》を鑑賞する様子