いろとかたち展示室1
「いろとかたち-工芸・立体を中心に」展

2022年7月30日~9月11日

当館ではこのたび、「いろとかたち-工芸・立体を中心に」展を開催します。

あか・あお・きいろ―まる・さんかく・しかく。私たちは日々、たくさんの色と形に囲まれ過ごしています。作家の手によって生み出された作品にはどんな姿が潜んでいるのでしょう。「いろとかたち」に注目し、工芸・立体を中心に紹介します。

開催概要

会期 令和4年7月30日(土)~9月11日(日)
10:00~18:00
※夜間開館:企画展開催期間中の毎月第3金曜日は、20:00まで開館
※展示室の入場は、閉館の30分前まで
※休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
場所 岐阜県美術館
(岐阜県岐阜市宇佐4-1-22)
観覧料 一 般 :340円(280円)
大学生 :220円(160円)
高校生以下無料、( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、難病に関する医療費受給者証の交付を受けている方およびその付き添いの方(1名まで)は無料
主催 岐阜県美術館

出品予定作品

岩田 藤七《貝》1976年

佐治 賢使《ドライブウェイ》1971年

加藤 孝造《志野陶筥》1980年

鯉江 良二《電車の皿》1982年頃

土屋 順紀《紬着物「鶯声」》2009年  ※ 半期展示替え予定

東 正之《青釉壺》2014年

若 尾経《象牙瓷合子》2014年

ほか

ご来館のみなさまへおねがい

岐阜県美術館では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、安全に配慮した取り組みを行なっています。
・発熱、咳などの風邪症状がある方、体調がすぐれない方はご来館をお控えください。
・入館にあたり、マスクの持参・着用、こまめな手洗い・消毒、来館者同士の距離の確保にご協力ください。

>>新型コロナウイルス感染症対策について