リニューアルオープン後、最初の「アーティスト・イン・ミュージアム」では、岐阜を拠点に活動するアーティスト三輪祐子さんが美術館の実習棟をアトリエにして滞在制作を行います。
ハジマリ、呼吸、 循環をテーマに取り組む作家が美術館の空間と呼応し、訪れる 人々、ひとりひとりと関わる中、静かにハジマリの芽を生み出します。