展示室2
IAMAS ARTIST FILE #07 ウィデオー/からだと情報

2021年12月21日~2022年3月6日

IAMAS ARTIST FILEは、岐阜県美術館とIAMAS(情報科学芸術大学院大学)が2013年から2019年まで6回に渡って共催した展覧会です。7回目となる本展では、映像メディアによる表現を展開してきた3名のIAMAS出身のアーティスト 木村悟之、萩原健一、堀井哲史を紹介します。普段よく耳にする電子的な映像を表す「ビデオ」の語源は、ラテン語の「videō (ウィデオー)」であり、それには「私は見る」といった意味があります。映像表現のなかでも「からだと情報」の関係に着目した三人三様の「見る仕事」を展示します。

開催概要

会場 岐阜県美術館 展示室2
開催期間 2021年12月21日(火)〜2022年3月6日(日)

10:00〜18:00(入場は17:30まで)

※夜間開館日:2022年1月21日(金)、2月18日(金)は20:00まで開館(入場は19:30まで)

休館日 月曜日、年末年始[ 12月27日(月)- 2022年1月4日(火)]
観覧料 一般340 円(280 円)、大学生220 円(160 円)、高校生以下は無料
※( )内は20 名以上の団体料金
※所蔵品展示、「日本洋画 美の系譜」の観覧券でご入場いただけます。
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、難病に関する医療費受給者証の
交付を受けている方およびその付き添いの方(1 名まで)は無料
主催 岐阜県美術館、情報科学芸術大学院大学[IAMAS]
協力 IAMAS タイムベースドメディア・プロジェクト
リンク IAMAS ARTIST FILE #07 ウィデオー/からだと情報

*感染症拡大防止対策のため、会期延期・中止する場合があります。最新情報は当館Webサイトでお知らせいたします。

IAMAS ARTIST FILE #07に関するお問い合わせ

岐阜県美術館
〒500‐8368 岐阜市宇佐4‐1‐22
TEL:058-271-1313/FAX:058-271-1315