アートまるケット
アートまるケット 作品展示・施設紹介

2020年3月3日~6月14日

岐阜県内のアーティスト・イン・レジデンス施設を紹介するとともに、ポーランド在住「美濃・紙の芸術村」参加、昨年クラクフで「和紙の不思議」展出品アーティストによる和紙の作品をご覧いただきます。

In addition to introducing the artist-in-residence programs in Gifu Prefecture, you can also see the Japanese Paper works of three Polish artists. They were participated in "Mino Paper Art Village" and they showed their works in the exhibition “The Mystery of Paper” in Krakow.

「アートまるケット」について

展示期間 2020年3月3日(火)〜6月14日(日)
開場時間 10:00〜18:00
会場 岐阜県美術館 展示室2
休館日 月曜日(月曜が祝日の場合は翌平日) ※会期中の3月23日(月)から4月9日(木)まで臨時休館いたします。
観覧料 一般 340円(280円)
大学生 220円(160円)
高校生以下無料
*( )内は20名以上の団体料金
主催 岐阜県美術館

 

出品作家 ARTISTS

マルタ・ユゼフィーナ・ボジック

在住地、勤務地ともにクラクフ。1998年クラクフ美術アカデミーグラフィック学部にて修士号取得。リノカット、木版画を主に制作。2006年からクラクフ美術アカデミー版画学部にアシスタントプロフェッサーとして勤務。2001年、美濃・紙の芸術村事業で美濃に滞在してから、紙の興味を持つ。2013年博士号を取得。

様々なアートプロジェクトの実行委員として国内外で活躍。展覧会キュレーター。様々な国でアーティスト・イン・レジデンスをおこなう(日本、アメリカ、セルビア、ノルウェー、イギリス)。30回の個展に加えて彼女の作品は150を超えるグループ展に取り上げられている。版画でかなりの数の受賞歴がある。

Marta Jozefina Bożyk

She lives and works in Krakow. In 1998 she obtained a master’s degree in Graphic Arts at Academy of Fine Arts(Asp) in Krakow. She specializes in linocut and woodcut; since 2006 she has been an adiunkt (assistant professor) at the Woodcut Studio at the Academy’s Department of Art. After the time she spent at the Mino Paper Village in 2001 as an Artist in Residence, she become interested in paper. In 2013 she obtained a doctorate in Fine Arts.

A coordinator of numerous art projects, she is involved in a number of international collaborations and curates exhibitions. She has been an artist in residence in several countries (Japan, USA, Serbia, Norway and the United Kingdom). In addition to her 30 solo shows her works have been featured in over 150 group exhibitions. She has received a number of awards for her prints.

 

マウゴジャータ・マルヴィーナ・ニェスポジェヴァーナ

在住地、勤務地ともにクラクフ。1998年クラクフ美術アカデミーグラフィック学部にて修士号取得。2013年からクラクフ教育大学芸術学部でアシスタント・プロフェッサーとして勤務。2017年、准教授資格ハビリテーションを取得。

ニェスポジェヴァーナの重要な創作場の要素となっているのは、長年綴ってきた日記と、紙をテーマにした芸術活動の一環としての海外研修旅行(特に極東の国)である。「普遍の身体」の概念を生み出した。女性グラフィック・アーティスト集団「グループ13」の創設メンバー。

2002年と2006年、美濃・紙の芸術村事業で日本に滞在。ポーランド、日本、あめりか、イタリア、フランス、スウェーデン、ドイツ、デンマーク、ロシアなどの国々で作品を展示している。

Małgorzata Malwina Niespodziewana

She lives and works in Krakow. A graduate of Fine Arts in Krakow with a degree in Graphic Arts (1998), since 2013 she has been an adiunkt (assistant professor) at the Faculty of Art, Pedagogical University of Cracow, and in 2017 her doctorate was upgraded to doktor habilitowany.

An important element in her work is the journal that she has kept for years, and so are her artistic travels relating to paper (especially to the Far East). She has developed her own original artistic concept of a universal body, co-founded Grupa 13 (female graphic artists), stayed in Japan as an Artist in Residence in the Mino Paper Art Village Project in 2002 and 2006. Her works have been exhibited in Poland, Japan, the USA, Italy, France, Sweden, Germany, Denmark, Russia and other countries.

エヴァ・ロシェック・ブシュコ

グリビーツェ生まれ。在住地、勤務地ともにクラクフ。1979年クラクフ美術アカデミー内装学部卒。公認教員。

特にすき紙、織物、陶器、パステル画、水彩画の作家。シロンスクのアーティストグループ「グルーパ・プシェカズ」の創設メンバーで、このグループのキュレーターでもある。1979年からZPAP(ポーランド芸術家・造形家連盟)の会員。2003年、美濃・紙の芸術村事業で日本に滞在。連作の作品展「ペーパー紙」をもとにして、すき紙の授業や講演を行なっている。

ポーランド、日本、イギリス、オーストリア、フランス、モルドバ、ドイツ、ウクライナ、ハンガリー、イタリア、アメリカなどの国々で作品を展示している。

Ewa Rosiek-Buszko

Born in Gliwice, she lives and works in Krakow. Master’s degree in Interior Architecture from the Academy of Fine Arts in Krakow (1979). Certified teacher.

She makes artistic handmade papers, textiles and ceramics; paints in watercolors and pastels. Member of the Association of Polish Artists and Designers (ZPAP) since 1979. In 2003 she took part in the Artist in Residence program of the Mino Paper Art Village Project in Japan. She has created a series of exhibitions called ‘Paper Gami’, which she also uses as a platform for classes and lectures on handmade papers. She has exhibited her works at a number of galleries in Poland, Japan, England, Austria, France, Moldova, Germany, Ukraine, Hungary, Italy, the USA.