展示室1
寄贈記念 守 洞春展

2021年7月27日~11月21日

展覧会について

岐阜県美術館ではこのたび、「寄贈記念 守 洞春展」を開催いたします。
岐阜県美術館を代表する飛驒の版画家 守洞春の没後35年を機に、近年遺族等から寄贈された作品・資料を中心に紹介します。

ご来館のみなさまへおねがい

岐阜県美術館では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、安全に配慮した取り組みを行なっています。
・発熱、咳などの風邪症状がある方、体調がすぐれない方はご来館をお控えください。
・入館にあたり、マスクの持参・着用、こまめな手洗い・消毒、来館者同士の距離の確保にご協力ください。

>>新型コロナウイルス感染症対策について

開催概要

タイトル 寄贈記念 守 洞春展
開催期間 2021年7月27日(火)~11月21日(日)
※8月20日(金)、9月17日(金)、10月15日(金)、11月19日(金)は夜間開館のため20:00まで開館
※展示室への入場は、閉館の30分前まで
※休館日(毎週月曜日祝日の場合は翌平日)
※中間展示替あり
観覧料 一 般 :340(280)円
大学生 :220(160)円
高校生以下無料、( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉
手帳、難病に関する医療費受給者証の交付を受け
ている方およびその付き添いの方(1名まで)は無料
※11月3日(水・祝)(岐阜〜ふるさとを学ぶ日)は、無料
会場 岐阜県美術館 展示室1
主催 岐阜県美術館

※感染症拡大防止対策のため、延期・中止する場合があります。

主な出品作品(予定)

守洞春

《霊魂不滅》1972年(2018年収蔵)

作家略歴

1909年 岐阜県高山市馬場町に生まれる。

1916年 高山男子尋常小学校に入学し、版画教育を推進していた武田由平と出会う。

1927年 版画雑誌『白と黒』の同人となる。

1937年 平塚運一に師事する。

1941年 飛驒美術協会の設立に参加する。第4回新文展にて《ろくろの窓》が初入選する。以後、1973年までに23回入選する。

1942年 第10回東光会展に《御米蔵風景》《高山祭闘鶏楽》《斐太の街》が初入選して以降、日展と同様に同会を主な発表の場とする。

1943年 日本版画協会会員となる。恩地孝四郎や斎藤与里に師事する。

1946年 棟方志功と交流する。

1948年 東光会会員となる。

1961年 《室生寺》が第4回日展で、版画として棟方志功以来2人目の特選となる。

1962年 日本版画院会員となる。

1976年 日展会友となる。

1985年 高山市内の自宅にて死去。(享年75歳)