展示室1
「精霊たちのいるところ 〜アボリジニの美術〜」展

2021年7月27日~12月5日

文化の多様性が叫ばれるなか、オーストラリアの先住民アボリジニの美術は、この30年ほどの間に世界に広く知られてきました。樹皮に天然顔料で描くバークペインティング、キャンヴァスにアクリル絵具を用いた点描画などがその代表的な様式として挙げられます。彼らが表現するのは「ドリーミング」と呼ばれる国の創世の物語であり、そこには神話や伝承と古来の生活様式が記されています。岐阜県美術館が所蔵するアボリジニ作品によって、大地の息吹を伝えるアートの世界を紹介します。

開催概要

会期 2021年7月27日(火)~12月5日(日)
10:00~18:00
※9/21(火)〜27日(月)は展示替えのため休室
※展示室の入場は17:30まで
※休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌平日)
※夜間開館:8月20日(金)、9月17日(金)、10月15日(金)、11月19日(金)は20:00まで開館
場所 岐阜県美術館
(岐阜県岐阜市宇佐4-1-22)
観覧料 一 般 :340(280)円
大学生 :220(160)円
高校生以下無料、( )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉
手帳、難病に関する医療費受給者証の交付を受け
ている方およびその付き添いの方(1名まで)は無料
※11月3日(水・祝)(岐阜〜ふるさとを学ぶ日)は、無料
主催 岐阜県美術館

ご来館のみなさまへおねがい

岐阜県美術館では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、安全に配慮した取り組みを行なっています。
・発熱、咳などの風邪症状がある方、体調がすぐれない方はご来館をお控えください。
・入館にあたり、マスクの持参・着用、こまめな手洗い・消毒、来館者同士の距離の確保にご協力ください。

>>新型コロナウイルス感染症対策について