展示室3
ミレーから印象派への流れ

2020年9月10日~11月1日

フランス北部の各美術館や海を渡ったイギリスの美術館では、パリの美術館とは異なる19世紀フランスの至宝を見ることができます。ノルマンディー地方出身のミレー、ヴェネツィアを描いたモネ、ブルターニュ地方に集まったポン=タヴァン派。バルビゾン派、印象派、後期印象派、ナビ派など巨匠たちの饗宴をお楽しみください。

開催概要

タイトル ミレーから印象派への流れ
開催期間 2020年9月10日(木)~2020年11月1日(日)
観覧料 一般1,100(900)円 大学生800(600)円
※()内は20名以上の団体料金
会場 岐阜県美術館 展示室3