曝涼(ばくりょう)展

会 期:4月10日(火) 〜 5月20日(日)
「曝涼」とは天気のよい日に図書や衣類、道具などを日に曝して風をとおす虫干しを意味します。本展では、岐阜県美術館の収蔵庫から、作品を順次「虫干し」のように展示していきました。

明治150年展

会 期:5月18日(金) 〜 7月8日(日)
明治150年を記念し、明治からの作品約100点の展示をしました。

清流の国ぎふ芸術祭 第1回ぎふ美術展

会 期:6月9日(土) 〜 6月17日(日)
これまで69回続いてきた岐阜県美術展を刷新し、「第1回ぎふ美術展」を開催しました。
本展は「日本画」「洋画」「彫刻」「工芸」「書」「写真」及び映像作品や現代アート等を対象とした「自由表現」の7部門からなる、県民に広く開かれた公募展です。

平成30年度 岐阜県青少年美術展

会 期:6月23日(土) 〜 7月1日(日)
芸術活動の振興、普及のため、県内から作品を公募し一般に公開する展覧会です。青年部と少年部があり、青年部は絵画、デザイン、立体造形、書道、写真の5部門、少年部は絵画・デザイン、書写の2部門を公募しました。青年部は部門ごと、少年部は、各部門で学年ごとに最優秀賞を選定し、表彰式を行いました。

岐阜県美術館 所蔵名品展

会 期:7月10日(火) 〜 8月26日(日)
コレクションは美術館の顔であり心臓部でもあります。本展では、35年かけて形成された個性豊かな岐阜県美術館のコレクションから、オディロン・ルドンや川合玉堂、前田青邨、熊谷守一らの名品を選りすぐって紹介しました。

IAMAS ARTIST FILE #06 みるこころみるかえりみる クワクボリョウタ、会田大也

会 期:9月8日(土) 〜 11月3日(土・祝)
第6回目となる情報科学芸術大学院大学[IAMAS]との連携事業「IAMAS ARTIST FILE」では、クワクボリョウタと会田大也らによる展覧会を行いました。今企画では作家による作品展示にとどまらず、ワークショップなどを通じて見る・伝える・考えるといった多面的な体験を生み出す場を来場者とともに作り上げました。

アートまるケット2018 Nadegata Instant Party 養老公園プロジェクト パーキング・プロムナード

会 期:10月13日(土) 〜 11月25日(日)
4年目を迎える平成30年度は、新展開として美術館を飛び出し、Nadegata Instant Party (中崎透+山城大督+野田智子)が養老公園を舞台に地域資源を掘り起こすアートプロジェクトを行いました。

第43回岐阜県移動美術館 ナンヤローネ ミュージアム 細江光洋の世界展

会 期:11月10日(土) 〜 12月9日(日)
会 場:飛騨市美術館

ナンヤローネNO.4 楽日初日

会 期:11月3日(土・祝)
館外でのナンヤローネプロジェクトのスタートにあたり「ナンヤローネNO.4 楽日初日」を開催しました。

過去の展覧会

2019年度(平成31/令和元年度)
2018年度(平成30年度)
2017年度(平成29年度)
2016年度(平成28年度)
2015年度(平成27年度)
2014年度(平成26年度)
2013年度(平成25年度)
2012年度(平成24年度)
2011年度(平成23年度)
2010年度(平成22年度)
2009年度(平成21年度)
2008年度(平成20年度)
2007年度(平成19年度)
2006年度(平成18年度)
2005年度(平成17年度)
2004年度(平成16年度)
2003年度(平成15年度)
2002年度(平成14年度)
2001年度(平成13年度)
2000年度(平成12年度)
1999年度(平成11年度)
1998年度(平成10年度)
1997年度(平成9年度)
1996年度(平成8年度)
1995年度(平成7年度)
1994年度(平成6年度)
1993年度(平成5年度)
1992年度(平成4年度)
1991年度(平成3年度)
1990年度(平成2年度)
1989年度(平成元年度)
1989年度(昭和64年度)
1988年度(昭和63年度)
1987年度(昭和62年度)
1986年度(昭和61年度)
1985年度(昭和60年度)
1984年度(昭和59年度)
1983年度(昭和58年度)
1982年度(昭和57年度